PT2をMythTVで使う

 アースソフト社製地デジチューナーPT2をMythTVで使うための情報を掲載します。

 詳細は右のナビゲートウィンドから見れます。

4 Comments on “PT2をMythTVで使う”

  • admin@NatureJudgeJun 13, 2012 (7 年 前)
    こんにちは。
    新しいパッチが
    http://2sen.dip.jp/cgi-bin/dtvup/source/up0822.zip
    にあるようです。
    vlcのgitレポジトリは
    http://repo.or.cz/w/vlc.git
    から閲覧できます。

    サイトが休眠状態で、情報が古くて申し訳ないです。問題がなければ
    http://www43.atwiki.jp/mythtv-dvb/
    あたりが鮮度が高そうですのでおすすめです。
  • tokyojoe_2008Jun 12, 2012 (7 年 前)
    ご回答ありがとうございます。
    もう一件、質問させてください。

    VLCへパッチを当てる際に、"git checkout 16cb266"でリポジトリを指定されていますが、このリポジトリの一覧と、それぞれの説明みたいなものを見る方法はないでしょうか?

    当方、VLCの改変プロジェクトの事も、gitの使い方もよく知りません。VLCの改変も色々進んでいるでしょうから、最新の二ヶ国語対応リビジョン(?)みたいなものがないか、確認したくて。

    VLCのgitのURLをブラウザのアドレス欄に放り込んで見ましたが何も表示されませんでした。
  • admin@NatureJudgeJun 11, 2012 (7 年 前)
    はじめまして。
    http://myth.kariya.cc/friio-mythtv/friio-cooperation/script/ に
    1) 2) 4) 5) ... と書いてあるのがテレビ欄などで目にするチャンネル番号で、
    CH=23 などとあるのがrecpt1へのチャンネル引数です。
    サイトに掲載しているのは自分が使ってたもので和歌山用です。
    チャンネル引数の具体的な数値をどうやって調べたかは忘却の彼方ですが、
    手作業で受信できる番号をひとつひとつ調べたような気がします。
    東京ならepgrecの設定例にこんなのがありました。参考程度に見て下さい。
    $GR_CHANNEL_MAP = array(
    "GR27" => "27", // NHK
    "GR26" => "26", // 教育
    "GR25" => "25", // 日テレ
    "GR22" => "22", // 東京
    "GR21" => "21", // フジ
    "GR24" => "24", // テレ朝
    "GR23" => "23", // テレ東
    // "GR20" => "20", // MX TV
    // "GR18" => "18", // テレ神
    "GR30" => "30", // 千葉
    // "GR32" => "32", // テレ玉
    "GR28" => "28", // 大学
    );

    あとトップページにも書きましたが、
    キャラクタデバイス(recpt1)を使うならepgrec、
    mythtvならDVBデバイスが現状お勧めです。

  • tokyojoe_2008Jun 7, 2012 (7 年 前)
    はじめまして。PT2 + MythTVで地デジのリアルタイム視聴をやってみてたくて、このページにたどり着きました。
    MythTVとの連携のセクションで、チャンネル切替スクリプトの中身がよくわからないのですが、簡単にご説明願えませんか?
    当方、東京在住なのですが、想像するに掲載されているものは関西のチャネルではないかと思います。ただ、ネットで調べた関西の地デジチャネルと、スクリプト内の数字の関係がよくわかりません。
    お手数ですが、よろしくお願いします。

Have some thoughts? Leave a Comment:

This is a Sample Callout

Morbi non erat non ipsum pharetra tempus. Donec orci. Proin in ante. Pellentesque sit amet purus. Cras egestas diam sed ante. Etiam imperdiet urna sit amet risus.

Read More

Another Callout

Morbi non erat non ipsum pharetra tempus. Donec orci. Proin in ante. Pellentesque sit amet purus. Cras egestas diam sed ante. Etiam imperdiet urna sit amet risus. Donec ornare arcu id erat. Aliquam ultrices scelerisque sem. In elit nulla, molestie vel, ornare sit amet, interdum vel, mauris. Etiam dignissim imperdiet metus.

Read More

無料アクセスカウンターオンラインカジノ特選最新情報無料 出会い役立つガイド